正しいクレジットカードの作り方

クレジットカードの作り方に、正しいとか正しくないとか、そのようなものが存在するのかというと、実は、存在します。正確に言うと、「作りやすい」かどうか、というのが「正しい」のかもしれません。どういうことかというと、クレジットカード会社は、その会員を増やしたいわけで、会員を増やしたいだけでなく、確実に利用してもらえるような仕組みがそこにあると更に良いわけです。

そこで、ちょっと考えてみましょう。クレジットカード会社の役員にでもなった気分で、です。

では、早速シミュレーションしてみましょう。

あなたはクレジットカードカード会社の役員です
そして、業務命令が社長からいくつか届いています。以下に列挙します。

  • 会員数を増やすこと
  • カードによる売上を増やすこと
  • 広告費を使っても良いが、確実に回収する仕組みを創ること

会社から求められるものとしては、こんなところでしょうか?

さあ、あなたなら、どんな答えを出しますか?この答えを出すことができたら、自ずと、どうすればクレジットカードが作りやすいのかが、がわかります。

この答えに必要な物が、実は一つあります。必須といってもいいものです。それは…

銀行」です。

そのクレジットカード会社の系列に、銀行があり、その口座が給与振込み口座に指定されていたら、会社としては、安心ですよね?カードの売上の回収が、その口座から引き落とされるのであれば、これほど確実なものはありません。その人が、給与引き落としの会社勤めをしている限り、会社がその保証人になってくれているようなものです。

ですから、先ほどの設問の答えは、「法人会員の給与振込口座となる銀行口座を作ってもらい、かつ、その口座(カード)にクレジットカード機能を持たせる」というものです。

これが、私の考える「正解」です。

クレジットカード機能付きの銀行カードが最強!

さて、では、クレジットカード機能付きの銀行カードと言ったら、どんなものがあるでしょう?
最近は、どの銀行でもクレジットカード会社と提携しているので、大手の銀行なら、まず間違いなくそのようなカードがあると思います。それで、基本的には間違いないです。でも、私が提案したいのは、実は「それ」ではないです。

銀行が、クレジットカード会社と提携したものではなく、あくまでもクレジットカード会社が系列の銀行と提携したものです。
わかりやすく例を上げてみましょう。

  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • 楽天銀行

これらに代表される銀行とクレジットカード会社です。楽天は、少し系統が違うかもしれませんが、ここでは同じカテゴリーに入れても問題はないと考えます。

クレジットカードの更なる進化

楽天の話が出てきましたが、楽天に代表されるようなショッピングモールを抱えているようなサイトも、クレジットカード会社と提携しています。要するに、そのサイトで、カードを使って、買い物をしていただきたいわけです。そうすれば、自動的に売上が上がりますし、即回収が行われるからです。そういう意味では、この仕組は凄いことです。

実際、普通に、当たり前のこととして我々に提示されているので気が付きませんが、実に巧妙な仕組みです。

楽天に至っては、他社でもありますが、デビッドカードという仕組みを持っています。これは、カードを使う際に、その時に入金されている銀行口座の残金から引き落とされるという仕組みです。これなら、回収不能ということもないのです。完璧と言ってもいいでしょう。ちなみに、この楽天のデビッドカード、私も所有して活用していますが、銀行口座を持てる人なら、誰でも所有できます。できます、と断言していいはずです。

気になる人は、以下のリンクから楽天デビッドカードのページに飛んで、さっさと申込みをしてしまいましょう。