デビッドカードとは?クレジットカードとの違いについて

デビッドカードというカードは、実際のところ、あまり普及していないようですが、いくつか存在します。個人的には、「使いすぎることのないカード」」なので、ある意味最強だとも思いますので、ここであえて説明するページを作っておきます。

主なところでは

  • 楽天デビッドカード
  • スルガ銀行デビッドカード
  • りそな銀行デビッドカード
  • ジャパンネット銀行デビッドカード

があります。
最後に出した、ジャパンネット銀行デビッドカードは、2014年に始まったばかりのサービスなので、知らない人も多いと思います。

仕組みとしては、通常のクレジットカードの場合、購入が起きると、その際には、実際にはクレジットカード会社が立て替え払いをします。その分、我々は利用料を、利率という形でクレジットカード会社に支払うわけです。これを理解していない人は、かなり多いと思います。クレジットカードで払った時、実際には、自分自身はお金を相手に払っていないのです。あくまでもクレジットカード会社が立て替え払いをしているに過ぎません。

後から、クレジットカード会社に、我々が支払いをしているというのが、現実なのです。

では、デビッドカードはどうかというと、これは、その場、購入と同時に、自分の口座からその代金が引き落とされるわけです。つまり、現金を持たずに、銀行口座を利用するという感覚ですね。銀行のATMに行かなくても、リアルタイムに、銀行口座から支払いをすることができるというシステムです。

これが、デビッドカードのシステムなのです。